--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.07.12    カテゴリ:  カブ110 

   油温

昨日に比べれば少し涼しかったかな
気温は24~25度って感じです

普通に走行していて油温は
20120711-1.jpg
あれ?カメラを構える前にアイドリングで油温が上がってしまいました
停まったときは78度くらいでした

試しに このまま30秒ほどアイドリングしてみると
20120711-2.jpg
みるみるうちに油温が上昇していきます
怖いですね~ 都会の渋滞路だったら どこまで油温が上がるのでしょうか?

走り出すと時速30~40kmでは、あまり油温が下がりませんね
だいたい時速50~60kmぐらいから下がり始めます
空冷エンジンですから、ある程度速度を上げて風を当てないとダメって事なんでしょうね
20120711-3.jpg
今日の外気温だと、これくらいの油温で安定しています

さて、ちょっと一休みして冷たいコーヒーでもと停車した油温です
20120711-4.jpg

エンジンを停止して5分後
20120711-5.jpg
う~ん、エンジンを止めても風が当たらないと あまり油温は下がらないものなんですね

この時期で、この油温だと真夏はどうなるんでしょう?
スポンサーサイト
油温て刻々と変化するものなんですね。
外気温24~5℃で油温90℃超えちゃうとは。
空冷エンジンで夏場はオイルに負担がかかるだろうとは思ってましたが想像以上かもしれないですね。

でもこの油温計すぐれものですね、付けてみたいです。いや、付けないほうが精神衛生上よろしいかな?
こんばんは パスタおやじさん

こんなにも油温が変化するとは思ってませんでしたよ
このエンジンは、しっかりとオイル管理をしないと危ないかもね

パスタおやじさんも油温計を付けてみてください
サーキット走行で、どこまで油温が上がるんでしょうね~
ドキドキもので楽しいかもですよ






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © バイクと共に All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。