全1ページ
このページのリスト

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.07.27    カテゴリ:  カブ110 

   暑いね~

連日、暑い日が続きますね
仕事後のビールが美味いってのはいいのですがね

この時期、cub110Proで走り回っていると熱中症対策を忘れてはいけませんね
リアのBOXにはクーラーバックを入れて、飲み物を冷やしています
20120727-2.jpg
この中には保冷剤とお茶を自宅で詰めた500mlのペットボトルが2本
その飲み物も必要なんですが、暑くてたまらない時には
20120727-3.jpg
この保冷剤で体を冷やします

しかし暑いね~
20120727-1.jpg

今は自宅でビールを飲みながら書いてます
賞味期限が2年過ぎたビールをスマイルさんで頂きましたが
問題無く飲めます
スポンサーサイト

2012.07.26    カテゴリ:  カブ 

   プレスカブ

少し前になりますが、カブ増車しました
というか、奥さんの実家にあったカブ50のエンジンとプレスカブのフレーム等
まぁ4個1って感じで、スマイルさんに仕上げてもらいました
20120605-3.jpg
20120605-2.jpg
20120605-1.jpg
ボアアップをしたりとか、ボチボチいじくって行こうと思っていたら
「私もカブが欲しい、シャリーじゃ荷物が積めないし」と奥さんが・・・・
「結婚20周年記念のプレゼントって事で良いよね?」と奥さんが・・・

まぁダイヤとかなんかよりカブでいいなら

という事で、プレスカブ改造計画は おあずけです^^;

2012.07.25    カテゴリ:  カブ110 

   なんだっけ?

暑い日が続きますね~
汗だくになりながらCUB110Proの洗車と整備です
毎日ボチボチとですけどね

シートカバーを外すと汚いですね~
そういえば以前に、雨ガエルさんのブログで汚れを落とした記事を見たような・・・・
過去記事を探していくと、ありました「メラミンスポンジ」
さっそく買いに行ってきました

磨いてみると
20120725-1.jpg
20120725-2.jpg
こりゃいいね~

そうそう、ついでにこんなのも買っちゃいました
出先でチェーンカバーを外すときに便利かなってね
20120725-3.jpg

2012.07.18    カテゴリ:  カブ110 

   ステッカー

梅雨が明けて暑い日が続きますね~

昨日は、CUB110Proを洗車しながら各部のチェック
問題は無さそうです

ステッカーは、自分が使っているメーカーとスマイルさん以外貼らなかったのですが
カブ友さんとの出会いを記念して
20120717-1.jpg

う~~ん、巨大なBOXなので空きスペースが
20120717-2.jpg
まだ後ろ側も左側も空いてますよ~
スポンサーさん募集中です(笑)

2012.07.15    カテゴリ:  カブ110 

   カフェカブin京都

今朝6時に亀山を出発して行ってきました
早朝は車も少なく快適に走れますね
油温も70度台で安定しています
滋賀県草津市あたりのコンビニで休憩

その後、京都に入りましたが追分を過ぎたあたりで「左 名神 右 三条」の看板
あぁ名神はダメやな~って三条へ
しばらく走ってから あっ「左 名神 一号線」やったなぁ
まぁこのまま三条を走って、適当なところで下れば5条、7条に入れるからいいか
とまぁ 京都の町をウロウロしながら知恩院、祇園を過ぎて東山五条へ
あとは寄り道も無く30分ぐらい前に会場へ
20120715-1.jpg
もうすでに長蛇の列です

そして、なんだか賑やかな集団だなぁ~と後ろを見てみると
20120715-2.jpg
後々、この方々と行動を共にするとは、この時は思いもしませんでした

さて受付開始です
みなさん マナーを守ってエンジンを掛けずに黙々とカブを押して歩きます
20120715-3.jpg

会場は こんな感じでした
20120715-4.jpg
20120715-5.jpg

さて カフェカブの内容ですが・・・・
よくわかりません^^;

入場後、雨ガエルさんを見かけて挨拶をしてから、かなり話し込んでいました
雨ガエルさんから、あの賑やかな集団と思っていた方々を紹介していただきました
みなさん、どこかで名前をお見かけした方々で、とっても愉快で素敵なカブ乗りさんたちでした
あまりにも暑いので近くの喫茶店に避難
宇治金時のカキ氷は美味しかったです

その後、会場のカブを一通り見て回ったのですが
お土産と昼食の為に京都駅まで行きましょうとゾロゾロ
20120715-6.jpg
お土産は地下街で、それぞれ買えたのですが、どこもいっぱいで食事が出来ずに結局会場近くのコンビニへ
いや~ 道中いろいろ話せて有意義な散歩でした
暑くてへたばりそうでしたけどね^^;

ほとんど会場に居なくてカフェカブのイベントは、何があったかわからないまま終わりましたが
雨ガエルさんに会い、そしてカブ友さんたちとお知り合いになれたのが一番の収穫でした
雨ガエルさん、そして雨ガエルさんを通じて出会えた みなさん 本日は お世話になりました ありがとうございました

さて、帰り道ですが、さすが私の住む田舎と違って渋滞がありますよ
普段は、長い距離の渋滞など経験できないのでチャンスですね
すり抜けは、一切しないで流れのままに走ったら油温はどうなるか実験です
1時間あまり渋滞の中に居ましたが、油温は90度から下がらず
1時間ぐらいすると、発進後2速に入れるのにガッチンという感じになってしまいました
20120715-7.jpg
短時間の高温なら、その後の走行風で冷えますけど
長時間高温のまま運転するのは、エンジンにもオイルにも良くない感じですね
う~ん オイルクーラーを考えないといけないかな~

2012.07.13    カテゴリ:  カブ110 

   油温とギアチェンジ

蒸し暑い日が続きますね

今日は午前中に走ってみました
20120713.jpg
やはり103度まで油温は上がってしまいますね

さて、油温とギアチェンジの関係ですが
油温90度を超えたあたりから、シフトの感触が渋くなってくるような気がします
それまでの油温だと「カチャ チャ」って感じだったのが「グァチャ チャ」って感じになり
シフトミスをしそうな重いって感触になりますね

ちなみに 最後に付いてる「チャ」はチェンジペダルを踏んで戻した時に聞こえる音です
この最後の「チャ」は、次のシフトの為に歯車が噛み合ったような音に感じます
油温に関係無く、この音を聞かないと次のシフトをミスする感じがしますね

ここ数日の感触ですが、油温70度~90度までがいい感じがしますね
もちろん、私が使っているMOTUL 5100 10W-40での感想です

2012.07.12    カテゴリ:  カブ110 

   厳しいなぁ

雨上がりの蒸し暑い日ですね
外気温は28度ぐらいかな

午後2時ごろに石水渓へ向かう上り坂を走ってみると
20120712-1.jpg
油温が100度になっちゃいました

走り方にや環境にもよるのでしょうが、かなりオイルには厳しいかなと思います
少々高くても いいオイルを入れたほうが良いのかも知れませんね

その後、町の路地をチョコマカと発進停止を繰り返しながら、1時間ばかり走ってみました
その時に記録した最高油温です
20120712-2.jpg
赤線で囲ってある数値です
103.1度

夏場は、もう少し固めのオイルに換えようかな

2012.07.12    カテゴリ:  カブ110 

   油温

昨日に比べれば少し涼しかったかな
気温は24~25度って感じです

普通に走行していて油温は
20120711-1.jpg
あれ?カメラを構える前にアイドリングで油温が上がってしまいました
停まったときは78度くらいでした

試しに このまま30秒ほどアイドリングしてみると
20120711-2.jpg
みるみるうちに油温が上昇していきます
怖いですね~ 都会の渋滞路だったら どこまで油温が上がるのでしょうか?

走り出すと時速30~40kmでは、あまり油温が下がりませんね
だいたい時速50~60kmぐらいから下がり始めます
空冷エンジンですから、ある程度速度を上げて風を当てないとダメって事なんでしょうね
20120711-3.jpg
今日の外気温だと、これくらいの油温で安定しています

さて、ちょっと一休みして冷たいコーヒーでもと停車した油温です
20120711-4.jpg

エンジンを停止して5分後
20120711-5.jpg
う~ん、エンジンを止めても風が当たらないと あまり油温は下がらないものなんですね

この時期で、この油温だと真夏はどうなるんでしょう?

2012.07.10    カテゴリ:  カブ110 

   熱いね~

梅雨の晴間で暑いですね~

だったらエンジンもオイルも熱いですよね~
20120710-1.jpg
休憩の間、少しでも冷やそうと水の流れている側溝の上に停めています

実際、オイルの温度って どれくらいまで上がってるんでしょう?

などと考えながら休憩していて・・・ふとリア側を見てみると
20120710-2.jpg
ランドセルが削れてますね~
やっぱり フロントを固めた事でリアが腰砕けになっているんでしょうね
これが違和感の原因かもね

20120710-4.jpg
ということでリアサスのバネを締めてみました
なんとなく いい感じです

それと、気になる油温を確認するために油温計を付けてみました
20120710-3.jpg
DAYTONAのAQUAPROVA HGです

どれくらいまで油温は上がるかな~

スマイルさんから自宅まで、6kmばかり走って57度になりました

2012.07.06    カテゴリ:  カブ110 

   フロントフォーク オーバーホール

フロントフォークのオーバーホールを走行距離30584kmでしてもらいました
20120705-1.jpg
他にお客さんも居なかったので、じっくりと作業を見させてもらいました

20120705-2.jpg
20120705-3.jpg
左右のブーツも破れてしまってますね
もちろん新品に交換です

20120705-6.jpg
フォークをバラしてみると

20120705-4.jpg
右側に入っていたオイルです
かなり汚れていますね

20120705-5.jpg
左側のオイルですが、汚れているし なんだか2層に分離していますね

20120705-9.jpg
オイルを捨ててみると こんなにもスラッジが出ていました

20120705-7.jpg
かなり見づらいですが、フォークにかなりスジが入っています
もちろん、これも修正してもらいました

20120705-8.jpg
各部がきれいになったところで、シール、ワッシャーやOリングも新品に交換しながら組み立てです

20120705-10.jpg
フォークオイルは、もちろんMOTULに交換です
リアとのバランスを考えて硬めにしてもらいました

ついでにフロントのブレーキシューも交換です
20120705-11.jpg
3万キロも使ったブレーキシューは、かなり減っていましたね
20120705-12.jpg
新品と比較してみると、こりゃもう限界でしょうね

組み立て後、各部のチェックをしてもらっている時に・・・あれ?緩んでますよとスマイルさん
トップブリッジのセンターナットが緩んでました
20120705-13.jpg

だけど、締めてもらっても完全にガタが消えません
これは、次回ベアリング交換かな~って事で部品を注文してもらいました

さて、オーバーホール後の走りですが
前後のバランスも取れ、フロントのフワフワ感も無くなりました
コーナー直前でのブレーキングで、フロントの沈み込みも無くなり安心して突っ込んでいけます
S字の切り返しも安定してスパッと切り返せますね
ただし、タイヤはノーマルのままなので無理は禁物です
このセッティングは、グリップの限界を超えると唐突にスリップダウンする危険性もあるかもしれませんね

だけど、かなりいい感じに仕上がりました


Copyright © バイクと共に All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。